排雪列車キマロキ(59601号機関車)



名寄駅近傍の博物館前の旧名寄線跡に展示されているキマロキ。
キマロキとは排雪列車を編成する車両の頭文字を並べた通称で、記号の意味は以下の通り。

キ:機関車、マ:マックレー車、ロ:ロータリー車

即ち機関車・マックレー・ロータリー・機関車の順に連結され、最後尾には車掌車を連結する。
ラッセル車による除雪後、線路脇に雪壁が出来てしまった際にその雪をかき集め吹き飛ばすのがキマロキの役目。

先頭になる59601号は9600形蒸気機関車で、大正10年川崎重工製。


準鉄道記念物認定のヘッドマークが掲出されている







目次に戻る
inserted by FC2 system