河東鉄道 町川田駅(信濃川田駅)
現:長野電鉄信濃川田駅



河東鉄道町川田駅として大正11年に開業し、翌12年に信濃川田駅に改称。
大正15年合併により長野電鉄河東線信濃川田駅となる。

開業当時からの木造漆喰塗りの駅舎で、時代を経た木造建築独特の味がある。


駅舎前面
待合室周りに巡らせた屋根は松代駅などとも共通のデザイン


待合室
木材と漆喰で作られているためか過ごしやすい気温


ホーム側





目次に戻る

inserted by FC2 system