横浜税関事務所跡


大正3年に建てられた横浜税関事務所の跡。
同事務所は煉瓦造りスレート葺きの3階建てで、ゴチック様式の重厚な建物だった。
また、1回にはガラス張りの天井を備えたホールがあり、2,3階には貸事務所もあった。
大正12年の関東大震災により焼失したため解体、埋め戻された。



横浜税関跡遺構

目次に戻る
inserted by FC2 system